SECURITY 防犯

24時間体制の「エムズガードシステム」が素早く、的確に対処します。

「ロイヤルタワー横濱鶴見」で採用されている「エムズガードシステム※」は、24時間365日、専有部分も共用部分も安全に見守ります。専有部分では、各種センサーを備えた住戸情報盤からの、火災・非常警報等に対応。緊急時には警備員が急行するとともに、状況に応じて各関係会社や警察・消防等にも連絡します。共用部分では、火災・停電・給水・排水等を常に機械監視。異常が発生したら、各関係会社・関係機関に通報し、素早い一時対応を行います。

※このシステムは、三井不動産レジデンシャルサービス株式会社が提供する
 セキュリティシステムです。

幾重にも安心を守る、
3重のセキュリティシステム

カメラ付きオートロックを1階メインエントランスとエレベーターホールに設置されています。さらに、各住戸玄関にはインターホンを設けることで、3段階で映像と音声で来訪者をチェックできる防犯性の高いシステムです。

管理員と施設監視員が見守る
「24時間有人管理」

常に人の目で見守られているという安心の体制で「ロイヤルタワー横濱鶴見」は、お住いの方々をサポートします。日中は管理員、夜間は施設監視員※が常に勤務し、万が一の場合は、すみやかに適切な対応を行います。さらに機械監視システムとあわせて、24時間365日切れ目ないセキュリティを構築しています。

※施設監視員はシークレイン施設全体の監視員となります。

ダブルロック玄関

住戸の玄関ドアは、安全性に配慮したダブルロック仕様としています。さらに、こじ開けに強い鎌デッドボルトやサムターン回しでの不正解錠を防ぐ防犯サムターンが採用されており、玄関からの侵入に厳重に備えています。

ディンプルキー

膨大なキーパターンによって複製を困難にし、ピッキングなどの不正解錠を防止する「ディンプルシリンダーキー」が採用されています。鍵には表裏がないので、どちらからでも差し込み可能で使いやすいデザインとなっています。

共用部の監視カメラ

共用施設の要所や駐車場、エレーベーター内に監視カメラを設置し、防犯性を高めています。カメラには録画機能もついており、侵入抑止の効果も期待できます。映像は一定期間保存され、万が一の場合に備えています。

ICチップキー

鍵を近づけるだけでメインエントランスのオートロックドアが解錠できる「非接触ICチップキー」を採用されており先進オートロックシステムです。鍵を差し込む手間がなく、お子さまからシニアまで、スムーズに建物内に入ることができます。

※上記の内容は分譲当時のパンフレット内容を基に掲載しております。掲載している画像、素材などの情報は分譲当時、竣工時に作成、撮影したものとなり実際とは異なる場合がございます。